ゼニカルがビタミンを体外に排出

ゼニカルとマルチビタミン

ゼニカルを服用しているとビタミン不足になると言われています。
そのために、ゼニカルと一緒にマルチビタミンを服用することが進められています。

 

 

どうしてビタミン不足になるかというと、ゼニカルがリパーゼを抑制し、脂肪分を固めてそのまま体外に排出をするときに、一緒にビタミンも排出されてしまうからです。

 

そのために、普段吸収しているビタミン以上に取り入れることが大切。

 

【ビタミンB2】

体内で食物からエネルギーを作り出す時に働く水溶性のビタミンがB2になります。このビタミンB2が不足すると皮膚炎や白内障を起こりやすくなると言われ、成長期では発育に影響を及ぼすとも言われています。
乳製品や肉類など、動物性の食品、及び力内職に多く含まれているために野菜などを毎日取りたいものです。

 

特に女性の場合は、片頭痛になりやすいと言われていますが、このビタミンB2が不足すると起こりやすいので十分に注意。

 

【ビタミンC】

お肌のことを考えるとビタミンCは大切ですね。
ビタミンC欠乏症、鉄の吸収、乳癌のリスクの低減など、女性にとって必要不可欠なビタミンです。でも、ゼニカルを服用すると、減少するために、普段以上に吸収したい所。

 

ビタミンCは、柑橘類、イチゴ、キウイなどのフルーツ、野菜だとピーマンなどに含まれています。

 

 

【ビタミンE】

ビタミンEは、脂溶性の抗酸化ビタミンと言われ、活性酸素などのフリーラジカルによる細胞膜、血管の損傷を防御します。

 

効き目としてはビタミンE欠乏、アルツハイマー、日焼け止め、体力の向上など。

 

 

 

毎日の食事でも吸収することができますが、バランスを考えるとマルチビタミンのサプリが継続的に服用することができると思います。