オルリファストと肝臓

良いところもあれば悪いところもあるということは理解してダイエットの薬であるゼニカルのジェネリック「オルリファスト」を服用しなくてはいけないと思います。

 

あくまでもオルリファストは、服用することで脂肪を燃焼するわけではなく、食べた部分を30%減らす作用があることを理解すること。つまり、痩せるわけではなく、太りにくくする働きがあります。

 

それから、ゼニカルは薬のため、どうしても効果とは別の副作用があります。

 

よく聞くのが下痢ですが、これは見方を変えると、腸や胃で消化されていない脂肪が肛門から排出されている証なので、副作用とはまた違う分であります。

 

やはり一番注意しなくてはいけないのが肝臓に対する負担です。胃で消化され、そこから肝臓に渡るときに、どうしてもタンパク質などと関係するために、急激に負担をかけてしまいます。

 

特に、長期間にわたり服用を続けていると、負担が起こりやすいことがわかっているために、注意が必要。

 

注意が必要と言っても、何をしたら良いのかがわからない方も多いために、ここで一つアドバイスとしては、亜鉛やLリチンなどのサプリメントを一緒に服用することをおすすめします。

 

この2つを服用することで、肝臓に対する負担を減らすことがわかっています。

 

今は大丈夫と考えている人も多いかもしれませんが、肝臓はなかなか症状がわからないために、急に大きな症状になるおそれもあるために、普段からのケアをどれだけ心がけるかが重要になります。