ゼニカル ジェネリック オルリファスト

体重減量にゼニカルジェネリック「オルリファスト」

できるだけ楽して痩せたい!!そんなことから始めたのがゼニカルのジェネリック「オルリファスト」です。

 

 

最初は体重を落とすために、いろんなダイエットをしたんですが、どうしても「減らない、減らない、減らない・・・」かなり悩んでいました。
taijyuukei.jpg

 

去年から今年にかけて、たった1年で体重が約8kgも増えていました。
私は身長165cmで体重は78kgなので、かなり”太い”です・・・。

 

今までは、こんなに体重が増えた事なかったんですが、失恋や仕事の影響で、暴飲暴食を毎日のように続けていたことが一つの要因です。
nikunosuki.jpg

 

「食べては太る、飲んではダメ」っと自分に言い聞かしていたんですが、我慢できずに1年で体重が8kgも増えていました・・・。

 

これはいけない、このままではもっと太ってしまう。
そのため、最初は体重を減らそうと運動したり、食事制限をおこなっていました。
ipina.jpg

 

が、1週間もたたないうちに辞退、、暴飲暴食の再開、、
ダイエットや食事制限は精神的な戦になります、、、。

 

そこで、楽にして痩せる方法はないかと調べている時に見つけたのがゼニカルのジェネリックオルリファストです。
oaruai.jpg

 

オルリファストを服用することで、今までどおりの食事量で体重を増やすことなく、軽い運動(ウォーキング)で体重減量が期待できるということで、使うことにしました。

 

オルリファスの詳細・購入について>>

 

 

 

 

やせる薬ゼニカルとは?

ゼニカル、オルリファストは、ある意味では「やせる薬」と呼ばれています。
kjsuaita.jpg

 

なんだか”やせる薬”と聞くと「怪しい、悪いイメージ」をいだいてしまいますが、実はアメリカのFDA(アメリカ食品衣料品局)やヨーロッパでは、肥満治療薬として許可が降りている医薬品です。

 

現在のところ、日本の厚生労働省にも申請は提出されているそうですが、現段階では許可は降りていないとのこと。
いろいろ調べてみると、一般的に厚生労働省に申請をしてから許可が降りるまで7〜8年ほどかかるそうです。

 

 

今まで許可が降りているダイエット薬(やせる薬)の特徴として、大半が食欲を抑えるのがメインでした。

 

食欲を抑える効果は医薬品の他にサプリメントやスプレーなど色々有ります。
saupure.jpg

 

ようするに薬を服用することで、食欲をコントロールする食欲中枢の働きを弱める作用で、空腹感を感じなくなり、食事の量を減らすことができるという効果になります。

 

 

ゼニカルやオルリファストの場合は、肉や甘いものを食べたとしても、腸の中でリパーゼと呼ばれる、脂肪を分解して吸収しやすくする酵素の分泌を弱める働きがあるために、体重の増加を防いでくれます。

 

ゼニカルの効果について

肥満を簡単に言うと、摂取カロリーより消費カロリーが少ないと、余ったエネルギーは皮下脂肪として体内に蓄積されるということになります。
iknoa.jpg

 

脂肪はたんぱく質や炭水化物よりも高カロリーですが、人間の体は消費エネルギーをまず炭水化物から利用する性質があります。

 

脂肪は脂肪酸が連鎖して出来ていますが、ようするに小さな脂肪酸が集まって大きな塊となり、これが脂肪になり、体重の増力にかかわります。

 

一般的には脂肪波長で体内に吸収されるが、実は脂肪自体は直接体内へと織り込まれることはなく、脂肪の分子サイズは人間の体脂肪が吸収されるには大きすぎる。。そこで、リーパーぜという脂肪分解酵素によって脂肪酸に分解され、体内に吸収されます。

 

このリパーゼの脂肪文化機能が働かなければ脂肪は大きな塊にならずに、体重の増量につながらない。

 

例えば運動のダイエットを心がける場合、30〜40分以上のウォーキングを毎日継続することが重要と言われています。
ipina.jpg

 

ただし、逆を言うと、毎日やらなければ脂肪燃焼効果がないために、太りやすい体になるということになります。

 

 

どうしてダイエットなどの運動で「毎日、長時間」が重要かというと、
短時間では、炭水化物からエネルギーを持ってくるだけで皮下脂肪の燃焼まで行かないからだそうです。

 

ある程度は運動をすれば体重の維持、減量の意味はわかるし、肉や甘いものを食べなければ太らない。
しかし、わかってはいるが、毎日のようにダイエット、食事制限をおこなうことが難しい、つらいから太ってしまうのです・・・。
ataijyu.jpg

 

そこで、ゼニカルやオルリファストの効果になります。
効果としては、脂肪の吸収を抑えることです。

 

ゼニカルやオルリファストの効果としては、このリパーゼの働きを抑制するため、脂肪は大きな塊のままで、腸に吸収されることなく、そのまま体外に排出されます。

 

通販でゼニカルのジェネリック「オルリファスト」

先ほども少し話したようにゼニカルは日本では厚生労働省の許可が降りていないために、病院では処方されていません。

 

一部の美容クリニックなどで購入することはできますが、価格はかなり高いです。
byouin.jpg

 

そのために、ゼニカルのジェネリック「オルリファスト」を通販で購入します。

 

美容クリニックで販売されているゼニカルの価格が高いのは、結局は海外で販売されているゼニカルを輸入し利益を上乗せするために、価格が割高になります。

 

ゼニカルは日本ではまだ許可が降りていないために、薬でも普通の商品と同じように価格についてはそれぞれのクリニックで自由に決めることができます。

 

いろいろ調べて見ると、クリニックがゼニカルを販売している価格として1錠を200〜300円。
けっして安い価格ではないと思います。
okaneta.jpg

 

そこで私としてはできるだけ安く購入したいと思い利用しているのが通販です。
通販の場合、ゼニカルが1錠で130円〜150円で販売をしています。

 

クリニックと比較すると薬価格が安く、なおかつ送料や手数料がかからないため、注文すればゼニカルだけの価格で購入することができます。

 

しかし、それ以上の価格の安さを求めるなら、ゼニカルのジェネリック「オルリファスト」がおすすめです。
oaruai.jpg

 

ようするに、ゼニカルと同じ「主要成分、用量」が含まれているために効果が同じになります。

 

通販で購入するゼニカルが1錠で130〜150円に対して、ジェネリックのオルリファストは1錠で70〜90円です。

 

 

私としては、ある程度は体重が8〜10kg減量するまで服用を続けていきたいと思っているので、継続のことを考えるとコストダウンは必須になります。

 

オルリファスの詳細・購入について>>